ポンティの物語の「シチュエーション36分類」は?


フランスの劇作家ポンティは「36のシチュエーション(劇的境遇)」を書き残しています。物語を作る際に取り入れるべき「心を揺さぶる出来事」のパターンの列挙ですが、人生の中で、人が心を乱す人生の出来事の例として参考になるものです。

れぞれの出来事が実生活で発生した場合に備え、自分の考えをまとめておくためにも、この一覧は活用できます。

Sponsored Link

01、哀願・嘆願
02、救助・救済
03、復讐
04、近親者同士の復讐
05、追走と追跡
06、苦難・災難
07、残酷な不幸の渦に巻き込まれる
08、反抗・謀反
09、戦い
10、誘拐
11、不審な人物、あるいは謎
12、目標への努力
13、近親者間の憎悪
14、近親者間の争い
15、姦通から生じた残劇
16、精神錯乱
17、運命的な手抜かり・浅い配慮
18、つい犯してしまった愛欲の罪
19、知らずに犯す近親者の殺傷
20、理想のための自己犠牲
21、近親者のための自己犠牲
22、情熱のための犠牲
23、愛するものを犠牲にしてしまう
24、三角関係
25、姦通
26、不倫な恋愛関係
27、愛するものの不名誉の発見
28、愛人との間に横たわる障害
29、敵を愛する場合
30、大望・野心
31、神に背く戦い
32、誤った嫉妬
33、誤った判断
34、悔恨
35、失われたものの探索と発見
36、愛するものの喪失

(私個人としては、考えだそうとすればもっとあると考えていますが・・)

「物語の種類」ではありません。あくまでもシチュエーションであり、物語とはこれらの局面にからんで、物事が因果関係で結ばれて構築されたものです。そもそもこのシチュエーションは、具体的なものと抽象概念みたいなものがごっちゃになっていて一貫性がありません。また複数のシチュエーションが組み合わさるため、物語自体は膨大な数になります。
 

【重要】人間が人生の中で学ぶべきテーマは決まっています。人間が生まれてから死ぬまでに「教訓を得ること」にはパターンがあるのです。仏教でも「人間には108つの煩悩(欲・悩み)がある」ともいいます。

すべての物語は、それらの内のどれかを中心に語ったものであり、実社会で自らが体験する前に「疑似体験」しておくことで「心をトレーニングしておく」「自分の考えをまとめておく」ために存在するといってもよいものです。

Sponsored Link

物語の法則性

物語にもパターンがあります。
古くはシェークスピアも物語のパターンを研究していたといいます。


(画像引用元:物語を作る脳を育てようより)

 

物語の王道、それは・・・

行って戻ってくる
来て戻る

 
・・この2つ。
 

「桃太郎」
「浦島太郎」
「かぐや姫の竹取物語」
「宇宙戦艦ヤマト」
「スターウォーズ」
「ドラゴンボール」
「星の王子さま」


 
これらすべて「行って戻ってくる」「来て戻る」お話。
 

どうして人間は、そのような「行って戻る」「来て戻る」の話に興味をそそられるのか?

それは・・・

そこに「人生の縮図」を見ることのできるからです。

つまりは

「この世に生まれ」→「あの世に帰る」
「あの世から来て」→「この世から帰る」

この「人生」という時間の中で経験するさまざまな出来事を、一つの物語の中で学べる内容だから興味づけられるのです。

人生で遭遇する「試練」や「災難」「不幸」のパターン、また「人としてあるべき姿」や「人として大切なこととは何か」を、このような物語は教えてくれるからです。

物語は「人生の疑似体験」の提供であり、また「人生の羅針盤」のような存在であるため読み継がれているのです。そのため「世界中の神話」の内容も同じような構成になっています。

『中古』神話の法則—ライターズ・ジャーニー


 

■商品を買わせるための広告文章にもパターンがあるようです。

画像引用元:ビジネス心理学.comより
 


人生で遭遇する災難などはパターン化、列挙化できるため、それぞれの災難に対応できる「知恵」を文学作品や映画などから学んでおくことが重要

Sponsored Link



関連記事&おすすめの記事

サブコンテンツ