「ライ麦畑でつかまえて」あらすじネタバレと読書感想文の例文

こちらでは、サリンジャーの名著「ライ麦畑でつかまえて」のあらすじや、読書感想文の例文を紹介しています。

おもに中学生や高校生が、1200字、1600字、2000字(原稿用紙3枚、4枚、5枚)の読書感想文を書く際に、参考にしていただけそうな書き方の例を掲載しております。

※本のタイトル『ライ麦畑でつかまえて』は、主人公のホールデンが、妹に別れを告げる際に「ライ麦畑に子供たちがたくさんいるんだ。僕は崖っぷちの危ないところで落ちそうになった子供たちを助ける仕事がしたいんだ。」と夢を語ったそのセリフからとったもの。

あらすじ・ネタバレ

ホールデン・コールフィールドはクリスマス直前、成績不良で名門高校の退学になった。
(学業不振で退学処分になったのは、実はこれで3校目)
ホールデンには学校の大人たちはぎまんに満ちているし生徒同士の弱肉強食で誰かを利用したり、教師に媚びたりそんな雰囲気に適応できなかったのです。
歴史のスペンサー先生に挨拶に行っても酷い内容の答案を読み上げられたり、寮のルームメイトのストラドレイターは作文の宿題の代筆を頼んできて、ホールデンの元カノとデートしたり白血病で死んだ弟のプライベートなことを作文に書いたのに内容に文句を付けられ彼女のことで喧嘩になり、殴られて鼻血を出します。
いろいろイヤになったホールデンは退学勧告通知が実家に届くまで数日あり、あわせる顔もないし寮を追い出される前い自分で出て行き、実家に帰らず少しニューヨークで遊んでやることにしました。

————————————————————
とはいえ、ホールデンは寂しがり屋で人恋しく初日の夜にさっそくクラブに行ってナンパしてみるがすべてうまくいかず落ち込み、仕方なくホテルに帰ると
エレベーター係の男からすすめられ娼婦を5ドルで買ったが来たのにやる気になれず話だけして帰らせた。
するとエレベーター係が「代金は10ドルだ」とぼったくりにかかり、反抗したらまたしても殴られます。

うんざりするホールデンは世の中に対する不信感がつのります。ホールデンはウソを憎み真実を愛しているつもりですがその一方ハビースモーカーで、未成年なのに酒を飲み悪い雑誌を買いに行くのにウソもつくという幼稚な矛盾を持ち合わせ、他人にウソで見栄を張るくせに他人からの虚偽を憎むのです。

————————————————————

翌朝、ホールデンはガールフレンドのサリーとデートの約束をします。朝食中、感じのいい二人の尼僧と隣り合い『ロミオとジュリエット』について話し感動したので10ドルを寄付します。その後、道で子供が歌う「ライ麦畑で誰かが誰かを捕まえたら(If a body catch a body coming through the rye.)」を聞き、利益追求の人々に辟易し生きづらさを感じ無欲に生きている人の世界の住人に自分もなりたいと、考えます。

サリーとブロードウェイでラント夫人の演劇を観てまた役者や観客のぎまん的な様子に辟易します。
ホールデンとサリーに突然「今から結婚して田舎で自給自足の生活を送ろう」とプロポーズしますがまったく相手にされないので「スカスカ女」と言うと激怒され別れました。
次に高校で指導係だったカールと会って話してまたケンカになり更に落ち込み一度、実家に帰って妹のフィービーに会うことにしました。

————————————————————

家に帰ると両親は出かけており、妹のフィービーと2人きりで再会できました。
退学になったことにフィービーは「世の中のことすべてが気に入らない」のねと言う。
ホールデンはショックをうけましたが自分がなりたいのはライ麦畑で遊んでいる子どもたちが崖から落ちそうになったときに捕まえてあげる「ライ麦畑のキャッチャー」のようなものだと言います。

「とにかくね、僕にはね、広いライ麦の畑やなんかがあってさ、そこで小さな子供たちが、みんなでなんかのゲームをしているとこが目に見えるんだよ。何千っていう子供たちがいるんだ。そしてあたりには誰もいない――誰もって大人はだよ――僕のほかにはね。で、僕はあぶない崖のふちに立ってるんだ。僕のやる仕事はね、誰でも崖から転がり落ちそうになったら、その子をつかまえることなんだ――つまり、子供たちは走ってるときにどこを通ってるかなんて見やしないだろう。そんなときに僕は、どっかから、さっととび出して行って、その子をつかまえてやらなきゃならないんだ。一日じゅう、それだけをやればいいんだな。ライ麦畑のつかまえ役、そういったものに僕はなりたいんだよ。馬鹿げてることは知ってるよ。でも、ほんとになりたいものといったら、それしかないね。馬鹿げてることは知ってるけどさ」

両親が家に帰ってきたため、ホールデンは妹に金を借り見つからないように家をこっそり抜け出しました。

————————————————————
夜中でしたが、かつての高校の恩師であるアントリーニ先生の家に泊めてもらおうと訪れます。
先生はホールデンを心配し助言をくれましたがホールデンは強烈に眠くなりカウチで眠りにつくとアントリーニ先生がホールデンの頭を撫でていて先生に

ホイールデンは考えます
「そもそも人間不信の原因は何であったか」
「人間が人間に働く悪事の元凶は何だろうか”。
その答えは「言葉」だと思いました。
言葉があるせいで、人は人を利用し無垢に生きることができないのだ、という結論ホールデンは、己の憧れる純粋無垢な世界で生きるために、田舎でろうあ者のふりをして暮らして行こうと決意します。

翌朝、妹に別れを告げるためにもう一度会いに行くと「ホールデンに付いていく」と泣き出します。
妹がいう事を聞かないので、険悪なまま動物園に連れていき、回転木馬に乗った妹を見ているとホールデンは強い幸福感を覚えました。
「この幸せをみすみす逃す必要があるのか?」とホールデンは自問します。そしてホールデンは家出をやめて家に帰ることにしました。
 

「ライ麦畑でつかまえて」読書感想文の例文

「ライ麦畑でつかまえて」を読んで①

 

「ライ麦畑でつかまえて」を読んで②

 

「ライ麦畑でつかまえて」を読んで③

 


関連記事&おすすめの記事

サブコンテンツ