「おすすめの本」の記事一覧(2 / 3ページ)

『羅生門』あらすじ・読書感想文の書き方【中学生・高校生~】

『羅生門』は教科書にも載っている芥川 龍之介の代表作の一つと言えます。 短編小説ながら、主人公の心の移り変わりが読者にたくさんの事を問いかけてきている作品と言え、読みつくされているだけに感想文や設問などで答えも出しつくされた感はあります。 こちらでは『羅生門』の感想文を書くにあたってヒントなる書き方をご案内いたします。 ————————————&#821・・・

『モンテ・クリスト伯』あらすじ・読書感想文の書き方8例

『モンテ・クリスト伯』日本では『巌窟王』の名称でも知られているアレクサンドル・デュマ・ペールによる小説です。 この物語は一言でいうと世界文学に残る壮大無比な復讐劇です。何度もドラマや映画化・アニメ化されている『モンテ・クリスト伯』ですから、読書感想文には最適な作品となります。 2018年のフジテレビ春ドラマ木曜劇場『モンテ・クリスト伯 ―華麗なる復讐―』として放送され、イケメン俳優が山ほど登場しますから見逃せません。 ドラマは現代日本での設定になりますが、大体の『モンテ・クリスト伯』のあらすじを・・・

『坊ちゃん』読書感想文書き方5作品・あらすじ(ネタバレ)

夏目漱石の傑作である『坊ちゃん』の読書感想文の書き方の例文の紹介です。「坊ちゃん」は小学生から中学生、高校生にいたるまで幅広く愛される痛快な内容ですが、こちらでは読書が苦手な方のために「あらすじ」や「登場人物」なども紹介しております。 1200字、1600字、2000字(原稿用紙3枚4枚5枚)で読書感想文を書く際の「感想文の文字数を増やすヒント」にしていただければと思います。 読書感想文の提出には「文字数の規定」があることが多いものですが、どうしても文字数が規定の量まで書けない、という人が多いも・・・

『車輪の下』読書感想文の書き方・あらすじと3例【中学生・高校生~】

こちらでは、ヘルマン・ヘッセの最高傑作である『車輪の下』の読書感想文の書き方を通して・・ 「感想文の文字数を増やす裏ワザ」 ・・をご紹介いたします。 読書感想文の提出には、2000文字以内といった「文字数の規定」があることが多いものですが、文章を書きなれない人には、どうしても文字数が規定の量まで書けない、という人が多いものです。今回はどのジャンルの本にも対応できる文字数調整の裏技といえる書き方の紹介です。 仮に800字や1000字、1500字といった少ない文字数の読書感想文を書く場合にも「書き方・・・

『こころ』あらすじ各章 上中下【動画】解説

こちらでは、夏目漱石の最高傑作である『こころ』のの章ごと、つまり各章(上・中・下)の簡単な「あらすじ」や「読書感想文の書き方の例」を紹介いたします。 夏目漱石と言えば、読書感想文に選ばれる書籍としては「こころ」が圧倒的に一番です。 とは言え、何と言っても100年以上前の作品(1914)ですから、現代の常識とはかけ離れている世相もあります。 そんな作品で読書感想文を書くためにお役にたてればと思います。 ——————&#8212・・・

『人間失格』読書感想文の書き方と例文【3作品】

今回は、読書感想文のド定番、太宰治の傑作『人間失格』の、あらすじと読書感想文の書き方の例をご紹介いたします。(ネタバレ注意) おもに中学生や高校生が、1200字、1600字、2000字(原稿用紙3枚、4枚、5枚)の読書感想文を書く際に、参考にしていただけそうな書き方、考え方の例をご紹介しております。 いきなり読む前に、解説がすばらしい「中田さんの解説動画」を見てみましょう。 ネット上で「人間失格」の全文が公開されています。 太宰治「人間失格」横書き全文 全文朗読「人間失格」もYouTubeにあり・・・

『走れメロス』読書感想文の例文【大特集】

今回は、読書感想文のド定番、太宰治の傑作『走れメロス』の、あらすじと読書感想文の書き方の例をご紹介いたします。 「走れメロス」は小学生、中学生向けの本のように思えるかもしれませんが、感想文用の本として高校生が選んでおかしくない内容です。こちらでは、おもに1200字、1600字、2000字(原稿用紙3枚・4枚、5枚)の感想文を書くためのアドバイスを書かせていただいております。 ~~目次~~~~~~~~~~~~~~~ 「走れメロス」のあらすじ 「走れメロス」ここに注目 「走れメロス」読書感想文【7作・・・

『学問のすすめ』あらすじと読書感想文の書き方の例

こちらのページでは、ご存じ福澤諭吉の『学問のすすめ』現代語訳版の紹介です。 一言でいえば、今の時代に読んでもその凄さが分る内容の ホントに「名著」です! Sponsored Link とても明治時代の人間のアドバイスとは思えないほど、その内容が現代的であり、啓発される内容です。当時の超ベストセラーというのもうなずけます。 こちらでは、おもに中学生や高校生が、1200字、1600字、2000字(原稿用紙3枚4枚5枚程度)の読書感想文を書く際に、参考にしていただける内容にしていますが、大学生や社会人・・・

「老人と海」読書感想文の書き方と例文【大特集】

今回は、ノーベル文学賞作家 アーネスト・ヘミングウェイの代表作『老人と海』の読書感想文の書き方の例を紹介いたします。 おもに中学生や高校生が、1200字、1600字、2000字(原稿用紙3枚4枚5枚程度)の読書感想文を書く際に、参考にしていただける内容にしていますが、大学生や社会人の方もご活用ください。 ヘミングウェイは、この『老人と海』が大きく評価され、1954年にノーベル文学賞を受賞することとなりました。こんにちでもアメリカ文学を代表する名作の1つとされています。 ~~目次~~~~~~~~~・・・

「聖の青春」読書感想文の書き方と例文&ポイント

今回は、天才棋士の人生紹介した『聖の青春』のあらすじと、読書感想文をご紹介いたします。この作品は、今年映画にもなり話題を集めていますね! ~~目次~~~~~~~~~~~~~~~ 「聖の青春」あらすじ 「聖の青春」読書感想文の例文 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Sponsored Link 「聖の青春」あらすじ 1969年(昭和44年)6月15日、村山聖(さとし)は、父・伸一、母・トミコの次男として、広島大学付属病院で生まれた。 活発で健康な聖が4歳になる年の初夏、兄・祐司らと共に茶臼山・・・

サブコンテンツ