「おすすめの本」の記事一覧(2 / 2ページ)

『学問のすすめ』あらすじと読書感想文の書き方の例

こちらのページでは、ご存じ福澤諭吉の『学問のすすめ』現代語訳版の紹介です。 一言でいえば、今の時代に読んでもその凄さが分る内容の ホントに「名著」です! Sponsored Link とても明治時代の人間のアドバイスとは思えないほど、その内容が現代的であり、啓発される内容です。当時の超ベストセラーというのもうなずけます。 また、啓発書や教育書といったジャンルの本ですので、情緒的な文学作品は読むのが苦手という人には、特に「超おススメ」の一冊です。ストーリー物の本ではないため、前後のつながりや登場人・・・

「老人と海」読書感想文の書き方の例文【7作品】

今回は、ノーベル文学賞作家 アーネスト・ヘミングウェイの代表作『老人と海』の読書感想文の書き方の例を紹介いたします。ヘミングウェイは、この『老人と海』が大きく評価され、1954年にノーベル文学賞を受賞しました。 ~~目次~~~~~~~~~~~~~~~ 「老人と海」のあらすじは?&感想文の書き方の例【その1】 読書感想文の書き方の例【その2】~【その7】 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Sponsored Link 「老人と海」のあらすじは? 以下は「あらすじ」の紹介に変えて「あらすじ」も・・・

「聖の青春」読書感想文の書き方と例文&ポイント

今回は、天才棋士の人生紹介した『聖の青春』のあらすじと、読書感想文をご紹介いたします。この作品は、今年映画にもなり話題を集めていますね! ~~目次~~~~~~~~~~~~~~~ 「聖の青春」あらすじ 「聖の青春」読書感想文の例文 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~ Sponsored Link 「聖の青春」あらすじ 1969年(昭和44年)6月15日、村山聖(さとし)は、父・伸一、母・トミコの次男として、広島大学付属病院で生まれた。 活発で健康な聖が4歳になる年の初夏、兄・祐司らと共に茶臼山・・・

『西の魔女が死んだ』あらすじと読書感想文【例文5作】

今回は、読書感想文用の本としては「ド定番」のおすすめ本・・ 『西の魔女が死んだ』の「あらすじ」と「感想文の書き方の例」をご紹介いたします。 梨木香歩 著(新潮文庫)2001/8/1 497円 Sponsored Link ~~目次~~~~~~~~~~~~~~~ 『西の魔女が死んだ』あらすじ ここが使える!着眼点の例 読書感想文【5例文】 ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~   『西の魔女が死んだ』あらすじ 【どんな本?】 「西の魔女が死んだ」は、無理に友人をつくったり、友人と仲良くしたりしな・・・

「楢山節考」読書感想文 書き方の例【5作品】

今回紹介する、深沢七郎の「楢山節考(ならやまぶしこう)」は、 実は、あまり知られていませんが、今の時代、中学生・高校生から社会人まで・・ 読書感想文が書きやすい本 なのです! Σ(゚Д゚;) エッ! 「年老いた母を山に捨てに行く」・・という衝撃的な内容ですが、超高齢社会に突入した現在の日本において、この作品は、社会政策や倫理、信仰、教育、医療、介護といった、さまざまな角度から、感想文を書くことができるのです! 本書を原作とした、映画やドラマも何度も制作されています。 映画の方では、どうしようもな・・・

「星の王子さま」読書感想文【6例文】

『星の王子さま』(サン=テグジュペリ/河野万里子訳)で 読書感想文を書こうとしている人 に・・・ こちらでは「星の王子さま」の「あらすじ」と「読書感想文の書き方の例」をご紹介いたします。 『星の王子さま』は、世界的な「大ベストセラー」です。著者のサン=テグジュペリは、民間航空機の会社で郵便輸送のパイロットとして働いていた経験があります。その間、リビア砂漠に不時着して5日間砂漠をさまよい歩き、奇跡的に生還した体験があります。 その経験がこの作品を世に送り出す理由の一つになっていることは想像に難くあ・・・

『こころ』読書感想文の書き方と例【中学生・高校生~】

こちらでは、夏目漱石の最高傑作である『こころ』の読書感想文の書き方を通して・・ 「感想文の文字数を増やす裏ワザ」 ・・をご紹介いたします。 読書感想文の提出には、2000文字以内といった「文字数の規定」があることが多いものですが、文章を書きなれない人には、どうしても文字数が規定の量まで書けない、という人が多いものです。今回はどのジャンルの本にも対応できる文字数調整の裏技といえる書き方の紹介です。 仮に800字や1000字、1500字といった少ない文字数の読書感想文を書く場合にも「書き方の着眼」の・・・

「アンネの日記」読書感想文の書き方【例文5作】

この本は、第二次世界大戦中、ナチスドイツのユダヤ人狩りからのがれるため、ユダヤ人の少女アンネ・フランクが2年間暮した「隠れ家」の中で綴った日記をまとめた作品です。戦争や差別について深く考えさせられる世界的ベストセラーです。   日記を編集した「アンネの日記」のほか、伝記としてまとめられた「アンネ・フランク」もたくさんの出版されています。 14歳の少女の書いた日記をまとめた本のため、感性の近い中高生にも読みやすい内容です。また、小学生向けに書かれた、伝記の「アンネ・フランク」は、低学年向けのものか・・・

サブコンテンツ